活動内容

北摂信愛園は、障害者自立支援法に基づく指定障害者支援施設(知的障害者支援)として、利用者の自立心を損なうことなく、必要な支援、指導・訓練等を行うことを目的とした活動を行っています。

【支援目標】
  • 個人の人格を尊重し、全職員が一体となって、次の事項の達成に努めます。
  • 利用者・ご家族の要望を重視し、課題を設定し、それに応じたサービスを提供します。
  • 利用者個々に応じた娯楽を提供、また、身体機能の維持・生活能力の向上のための支援をし、利用者が安全に落ち着いた生活を営むことができるように支援します。
  • 社会との連携を密にして、社会的諸能力を高め、利用者の地域移行を支援します。

1日の流れ

7:00起床
8:00朝食
9:00健康観察(検温)・身だしなみ
10:00日中活動・・作業・創作活動・ドライブ 散策・個別課題 他
12:00昼食
13:00運動・作業
14:00日中活動・・・余暇活動・介護入浴・シーツ替え・掃除・コーヒータイム 他
16:30
17:30夕食
18:30自由時間・入浴・余暇
21:00就寝

日中活動種目

ペット用品袋詰め、梱包作業

ハムスター飼育用砂・飼育用脱臭剤・トイレ砂・ペット用牧草等

自主製品製作業

古紙再生(はがき・箸袋・カレンダー・ぽち袋)/手芸品(キーホルダー・篭等)

その他の日中活動

散歩・絵画・運動

おもな年間行事

誕生者外出・誕生会/喫茶会/調理実習/個人外出/一泊旅行/お花見会/夏祭り(盆踊り)/運動会/クリスマス会 /新年会/地域奉仕活動/各種招待行事おもな年間行事

活動の様子

街頭募金を実施いたしました

 北摂信愛園では、5月27日(金)に熊本・大分の地震災害被害者への街頭募金を町内阪急オアシス商店街にて実施しました。利用者の社会貢献活動の体験と地域交流の一環、支え合うことの大切さを利用者・職員が共に学ぶ機会にしたいと思い取り組んできました。
 府内の指定障害者支援施設による街頭募金活動は初めてとの事でしたので、事前準備を慎重に行いました。
利用者への募金活動の意義の周知に始まり、家族の同意、更には、商店街での事前了承や関係者への周知など、時間をかけて行ってきました。
利用者の時間制約から、僅か1時間の取り組みでしたが、17,378円もの募金を頂き、また、多くの方々から励ましのお声も頂き、改めて感謝の思いです。
施設に戻ってから、三名の利用者との意見交換の場では「初めは緊張したけど、声も出せた」「やって良かった」との感想でした。職員からも「利用者の新たな発見が出来た」等好意的な感想が出されました。
あらためて、今後も未経験の分野での取り組みにも慎重にかつ大胆に取り組んでいきたいと思います。
※いただいた募金は、豊能町社会福祉協議会を通じて、現地へとお送りさせていただきました。  

指定障害者支援施設 北摂信愛園 施設長 前田佳則